電話 042-525-0588
営業電話、営業メールは固くお断りします。

所沢の相続

所沢

wikipedia掲載画像
埼玉県南部のやや西寄りに位置するのが所沢市です。県内では第5位の人口を誇り、都市的にも高度な発展がみられます。
首都圏のベッドタウンとして人気を集めていますが、昔は織物の街や東京の水がめとして発展してきた経緯があり、市内ではその名残が見当たるようです。ダム湖百選の一つで観光にも人気の「狭山湖」が、その一例です。織物産業は衰退してしまいましたが、所沢飛白の復元事業などが盛り上がりを見せています。

 

近代的に発展し始めたのは、所沢市となった1950年前後のことです。県外からの移民を受け入れるなどして人口が著しく増加し、住宅地の開発ラッシュが続けられました。この流れは2000年代に入っても途絶えておらず、今では新旧含め多数の良好な住宅地が確保されており、人口は30万人を超えています。同時に交通網も整備されていて、電車やバスなどの公共交通機関は充実。高速自動車網も充実した結果、東京・首都圏のベッドタウンとしての機能が高くなっています。

 

同市には低層住宅地やマンションが多く、住みやすい街として知られていますが、同時にエンターテイメント性も高くてレジャーやお出かけにも適しているのが特徴です。例えば西武園ゆうえんちのような遊園地やテーマパークがある他、温泉や自然も豊富となっています。観光名所も多く、先述の狭山湖の他に、全国的に知名度の高い多聞院などが多数。北野天神もこの市にあります。

 

ショッピングにはところざわサクラタウンが開業している他、グランエミオやパルコなども進出。東京方面に買い物に出かけるのも容易ですし、地元でも充分にショッピングを楽しめるでしょう。

 

スポーツにも力を入れており、人気野球チーム「西武ライオンズ」の本拠地があります。メットライフドーム(旧西武ドーム)は壁がないため、ドーム球場なのに場外ホームランが出るのが特徴です。他にバスケットボールのさいたまブロンコスの本拠地や、二子山部屋を擁しています。

 

産業は卸売り・小売業が盛んですが、工業・農業も充実しています。工業では自動車関係の工場が多く、農業では狭山茶などの特産品が有名。他に医療・福祉・宿泊関係もウェイトを占めています。

 

人口が多い分、学校や病院なども充実しており、暮らしやすさは良好です。低層住宅地が多く、自然も多くのこるためにファミリーでの暮らしにも向いたエリアと言えるでしょう。加えて近年は商業施設が充実するなど、都市的な利便性も増してきました。このことからマイホームを検討しやすく、今後も生活の拠点としてニーズが高い街であり続けると予測できそうです。

 

所沢に土地を持っているならば、しっかりと相続税の対策を練ることが大事になります。
相続税対策としては、小規模宅地等の特例があります。
被相続人が居住している土地や貸付事業に使用している土地、事業に使用している土地については相続税の評価額を減額することができます。
限度面積の拡充で特定居住用宅地などであれば、240平方メートルから330平方メートルになり80%減額にすることができます。
また、特定居住用宅地地と特定事業用宅地はそれぞれ独立して限度面積を計算できるようになりました。
このようにして面積を減額して節税対策を行うことができます。
早めに相続に強い税理士に相談しましょう。

 

所沢市公式ホームページ

 


電話 042-525-0588

営業電話、営業メールは固くお断りします。
TOPへ