流れの説明

 

相続税申告サービスの流れ(スタンダード相続プランの場合)

1.初回無料相談

相続が発生されましたら、まずはお電話かWEBで相談をご予約ください。
相続税はいくらかかるのか、手続きは何から始め たらいいのか、いつまでに何を用意すればいいのか等お気軽にご相談ください。
面談は弊社にご来所いただいておりますが、 ご来所が困難な場合はご自宅にお伺いいたします。

 

2.業務内容や報酬のお見積り

初回面談でお預かりした資料をもとに、相続税の概算計算、申告業務のスケジュールのご説明、相続税の節税・遺産分割・納税方法について、手続きの方法をわかりやすくご説明いたします。 また、その際に報酬のお見積りもさせていただいております。

 

3.ご契約

ご提案の段階で、ご同意いただければその場でご契約いただいております。もちろん、お持ち帰りいただき、後日ご連絡いただいても構いません。

 

4.資料収集のお願い

必要書類のご案内をさせていただきますので、お客様の方でご用意をお願いいたします。
書類が揃いましたら、再度ご来社もしくはお伺い させていただき、書類のご確認とお預かりをさせていただいております。

 

5.財産の調査及び評価

現預金、有価証券、生命保険、土地家屋等、すべての財産を調査し、財産目録を作成いたします。特に土地の評価に関しましては、現地調査・役所調査も徹底的に行います。現地調査では、セットバックはないか、水害の被害はどうか、騒音・振動はないか等の項目について詳細に調べます。

 

6.税務調査対策

申告後の税務署の税務調査に向けて、問題になる項目について、申告までに事前調査を行い、事前に行い得る処理を施します。
主に、過去10年間の預金取引の入金の内容・出金 の使途を確認して、財産として計上するもの、贈与税の課税となるものなどの判断を行ないます。

 

7.申告の評価・お客様への中間報告

お伺いした内容とお預かりした資料を元に、二次相続の対策が必要だと判断した場合は、こちらから二次相続対策についてご提案させていただきます。
場合によっては、ご家族全員にお集まりいただいた上で、二次相続の税額を考慮した遺産分割のアドバイスも行っております。

 

8.分割協議のアドバイス

相続財産が確定した後、財産評価を行った上で、おおよその相続税額等を中間報告させていただきます。
一家の税負担を考えて配偶者がどのくらいの割合で取得したほうがいいか、又、次に引き継ぐ方の資金繰りを考えた分割協議案のシミュレ−ションを提示して、分割協議の意思決定の参考にしていただきます。
また、分割協議の決定に伴う分割協議書の作成も行います。

 

9.納税方法のアドバイス

納税について、現金による納税、延納(借入)による納税、土地による納税(売却または物納の選択)、の選択にあたって、有効なアドバイスをさせていただきます。

 

10.遺産分割協議書と相続税申告書へ署名押印

作成した遺産分割協議書と相続税申告書に署名押印いただきます。
署名押印の際には、必ず作成した遺産分割協議書と相続税申告書の内容について、最終のご説明をさせていただきます。
お客様には、この時点で料金のお支払いをお願いしています。

 

11.相続税申告書の提出

相続税の申告は、相続発生日の翌日から10か月以内に行います。
署名押印いただいた相続税申告書を当事務所にて税務署へ提出し、税務署受付の控えをお返しいたします。

 

12.不動産の名義変更

提携司法書士を通して、不動産の名義変更手続を行います。(ご希望の場合のみ)

 

 

 


 

 

 

 

 

 

TOPへ