「これからは人工知能の発達によって税理士の仕事はコンピュータにとってかわられる」と言われることが多くなってきました。

 

 しかし、実際には、所長税理士の仕事はコンピュータにとってかわられるような仕事ではなく、
  様々な営業を行い仕事を取ってくる。
  記帳の結果完成した決算書をもとに経営アドバイス、資金繰りアドバイスをする。
といったことのはずです。

 

 当事務所では敢えて、税理士試験勉強中の無資格職員を雇っていません。
 職員を雇うことによって、コンピュータにとってかわられるような仕事を効率化しなけらばならないときに、雇用打ち切りが自由にできず、効率化が困難になってしまうからです。
 旧来の多くの会計事務所では、税理士試験勉強中の無資格職員に記帳代行、決算処理、巡回監査等をやらせてきました。
 いまや、税理士試験勉強中の無資格職員が行ってきたような仕事はクラウド会計、OCR(自動文字認識)機能等が代行できるようになりました。
 一部の会計事務所が売りにしているような巡回監査も、クラウド会計による税理士とクライアントの情報共有や通信技術の発達により、無資格職員がわざわざ毎月出向くよりかは、税理士自らが必要なときに対面もしくは遠隔で実施したほうが、効率的効果的にできるようになっています。
 大量の無資格職員を雇ってしまっているような会計事務所では、雇用打ち切りができず、コンピュータにとってかわられるような仕事を無資格職員から切り離せずにいます。
 結果として、顧問料が高止まりし、無資格職員にクライアント対応させ、サービス品質も粗悪になってしまいます。

 

会計事務所タイプ

旧来型

将来型

主なリソース

試験勉強中の無資格職員

人工知能(クラウド会計・自動文字認識)

顧問料

高価格

低価格

品質

低品質

高品質

機動性

新しいものを取り入れるのに時間がかかる

新しいものを迅速に取り入れ効率化

 

 今後は、税理士試験勉強中の無資格職員が働く場所がなくなってしまい、税理士を目指せる人がいなくなってしまうといった問題も危惧されますが、それはクライアントが受けるサービスには関係のないことです。
 
 独立起業を考える皆様の中には、縦社会の会社の中で既得権益を持ったピラミッドの上の方々にこき使われ、自分が本当にやりたい仕事ができない、これからの社会に本当に役立つ仕事ができないと感じていた方も多かったはずです。
 旧来の考え方に呑み込まれず、自分が本当にやりたい仕事、これからの社会に本当に役立つ仕事を一緒にできたら嬉しいです。

TOPへ