多摩センターの相続

多摩センター

wikipedia掲載画像

 

多摩センターは、東京の西部に位置している「多摩ニュータウン」の中心駅です。多摩ニュータウンは1970年代から入居が始まった街で、都心までの程よい距離と良好な自然環境が魅力となっています。

 

多摩センター駅には京王電鉄と小田急電鉄に加えて、多摩都市モノレールが乗り入れているので、各方面へのアクセスが便利です。京王線では調布駅を経由して、新宿駅までおよそ35分〜40分でアクセスできます。小田急線の場合、乗り換えは不要で所要時間は同じくらいとなっています。都心への通勤・通学はもちろん、休日のお出かけにも便利な立地条件と言えるでしょう。

 

駅の周辺をはじめ、ニュータウン内にも商業施設が充実しているので、都心まで出かけなくても買い物や娯楽を楽しむことは可能です。
駅の南東側には、「マグレブ」や「おちあい横丁」があり飲食店が数多く入居しています。丘の上プラザにはイトーヨーカドーが、丘の上パティオにはイオンシネマなどが入っているので日常の買い物や、映画鑑賞を楽しむことができます。
この他、各種銀行の支店、病院、郵便局など生活に欠かせない施設も充実しているのが特徴です。
また、多摩中央公園は98,500平方メートルという広大な面積を誇り、豊かな自然があふれています。大きな池や芝生広場、さらには旧富澤家住宅や日本庭園も広がっています。休日には家族連れやお年寄りなど、近隣住民の憩いの場として親しまれています。子育て世代やシニア世代をはじめ、幅広い年齢層の方にお勧めできるエリアだと言えるでしょう。

 

街全体としては成熟期に入っている多摩ニュータウンですが、老朽化した団地を取り壊して新たに高層マンションが建てられるという光景も目立ってきています。特に多摩センター駅の周辺では商業施設の更新も盛んで、2018年にはマグレブWESTが開業しました。今後も新たな開発や施設の更新や、若い世代の流入が期待できる地域です。自然と歴史、そして都市の便利さがうまく調和したエリアとして、今後の発展が楽しみです。

 

このエピソードからもわかるように、多摩センターに土地を持っているならば、しっかりと相続税の対策を練ることが大事になります。
相続税対策としては、小規模宅地の特定があります。
被相続人が居住している土地や貸付事業に使用している土地、事業に使用している土地については相続税の評価額を減額することができます。
限度面積の拡充で特定居住用宅地などであれば、240平方メートルから330平方メートルになり80%減額にすることができます。
また、特定居住用宅地地と特定事業用宅地はそれぞれ独立して限度面積を計算できるようになりました。
このようにして面積を減額して節税対策を行うことができます。

 

多摩市役所

 


TOPへ