武蔵小金井の相続

武蔵小金井

wikipedia掲載画像

 

武蔵小金井について紹介していきます。
武蔵小金井は、新宿駅までJR中央線で直接行くことができ、約24分で行くことができます。
小金井市は人口が12万人ほどもおり、1日の平均乗車人数数は61000人越えとなっています

 

武蔵小金井駅周辺では再開発事業により新たなショッピング施設と文化施設がが誕生しています。
武蔵小金井駅周辺で最初に行われた「武蔵小金井駅南口第1地区」の再開発事業が2011年度末に事業が完了しています。
3棟の再開発ビル郡はアクウェル武蔵小金井と名付けられています。
この再開発事業により、イトーヨーカドーやせレオ、アクウェルモールといったショッピング施設がオープンされていき、武蔵小金井駅南口にはフェスティバルコートなどの広場も整備されています。
太平ビル近辺は洋食や中華などのお店も多く、チェーン店がたくさん展開されています
便利で快適な街へ進化していくため、ツインタワーマンションやショッピング施設など、さらなる再開発事業も始まっています。
駅前のフェスティバルコートと連続した一体的なまちづくりを完成させるために、地上26階と24階のツインタワーマンションの建設が計画されています。
野村不動産が分譲するマンションは約720戸になっており、1階から4階まではショッピング施設が誕生する予定になっています。
また、全ての住戸フロアに上質なプライバシーを演出する内廊下設計を採用しています。
共用廊下側に居室の開口部が無く、セキュリティにも優れた構造になっています。
高層階のパーティラウンジやスカイワークサロンなどもあります。
大規模なプロジェクトで充実した共用施設や各階に24時間利用可能なゴミステーションを備えるなどして、快適で上質な暮らしができるように設計されています。
他にも雑貨店やクリニックモールなどが導入される予定であり、武蔵小金井で買い物をする楽しみが増えてくる予定です。
このようにして地域の活性化や開発が行われています。

 

このエピソードからもわかるように、武蔵小金井に土地を持っているならば、しっかりと相続税の対策を練ることが大事になります。
相続税対策としては、小規模宅地の特定があります。
被相続人が居住している土地や貸付事業に使用している土地、事業に使用している土地については相続税の評価額を減額することができます。
限度面積の拡充で特定居住用宅地などであれば、240平方メートルから330平方メートルになり80%減額にすることができます。
また、特定居住用宅地地と特定事業用宅地はそれぞれ独立して限度面積を計算できるようになりました。
このようにして面積を減額して節税対策を行うことができます。

 

小金井市役所

 


TOPへ