豊田駅周辺の相続

豊田駅

wikipedia掲載画像

 

豊田駅近くに住んでいた知人のエピソードをご紹介します。

 

今は転勤のため引っ越しをしたのですが、以前は豊田駅近くの賃貸マンションに住んでいました。
何故そこの豊田駅周辺に住んでいたかと言うと、私は会社に中央線を利用していたので、その為始発駅なのでそれが魅力のひとつでした。
朝はやはり少しでも座れる方が良いので。また他にも魅力的なところはたくさんあります。
豊田駅周辺にはとにかく、たくさんのショッピングモールがあるのです。
イオンモールにSEIYUと。そして、少し離れた日野バイパス沿いにはコープみらいやSAEKIなどがあるので、日頃の買い物には全く不自由しないのです。お蔭様で私も妻もよく買い物に行きました。
しかし、以前までは電化製品のお店が無かったので困っていたこともあったのですが、今はそのコープみらいの2階にコジマやヨドバシカメラなどか出来たので、とても助かりました。
また時々、外での外食するときには私達には子供がいたので、よくそのイオンモールにあるフードコートで食べたりしていました。ファミレスや回転寿司などもあったので、こちらも大変よく行きました。また子供も喜んでくれるので非情に助かりました。
そして、そういった出掛けた帰りには必ずや子供にパン屋さんやケーキ屋さんもあるのでよくおやつやお土産に買ったものです。また時には休みの日にそういったショッピングモール以外に隣街である八王子市にはたくさんの自然あふれる公園が多いですので、こちらもよく子供と利用したものです。
夏場には珍しくクワガタなどもいたことがありました。子供は喜んで持ち帰ろうとしましたが、あまりに珍しく貴重だと思ったので、子供に持ち帰ることを辞めさせそのままにしておくようにしました。やはり、自然のままにしておきたかったからです。そのぐらい自然あふれる公園が立ち並んでいます。また行ってみたいと思える公園です。
このようにたくさんの魅力が詰まった豊田駅周辺ですので、機会があればまた住んでいたいところです。

 

このエピソードからもわかるように、豊田駅周辺に土地を持っているならば、しっかりと相続税の対策を練ることが大事になります。
相続税対策としては、小規模宅地の特定があります。
被相続人が居住している土地や貸付事業に使用している土地、事業に使用している土地については相続税の評価額を減額することができます。
限度面積の拡充で特定居住用宅地などであれば、240平方メートルから330平方メートルになり80%減額にすることができます。
また、特定居住用宅地地と特定事業用宅地はそれぞれ独立して限度面積を計算できるようになりました。
このようにして面積を減額して節税対策を行うことができます。

 


TOPへ