高幡不動の相続

高幡不動

wikipedia掲載画像

 

東京都西部日野市に位置する高幡不動は京王線高幡不動駅と多摩都市モノレール線の2路線の鉄道網が整備された駅です。駅周辺は居酒屋だけでなく、レストランなどの飲食店、スーパーマーケットなどの小売店、パチンコ店など多くの店舗があり便利な生活を送ることができます。
この土地は昭和30年頃より人口の上昇がおき、多摩平団地をはじめニュータウン化が進められてきました。現在では20代から40代の若者・子育て世代を中心としていますが高齢化に伴い平成27年をピークに減少傾向になると予想されています。
この土地の魅力は、まず第一に自然豊かな土地でありながら都心へのアクセスが良いところです。多摩丘陵を切り拓いた場所ですので基本地形は山が多くていまだ緑が多く残っています。秋には紅葉・付近に流れている多摩川は季節折々の姿を見せてくれます。
アクセスは都心方面へは新宿駅まで約30分、立川駅まで多摩都市モノレールで約15分、多摩センター方面へは約10分というアクセス、乗り換えの良さがあり多くの住民が利用する駅です。
また付近には大学が多く、中央大学や明星大学・帝京大学があり学生の街としても知られた賑やかな街です。そのため日野市のおよそ半数が賃貸で持ち家との比率は同率になっているようです。
この土地の魅力として高幡不動の名前の由来となっている金剛寺があります。このお寺は真言宗智山派別格本山の寺院で高畑不動尊の名前で知られています。このお寺は何といってもあの新選組副長として活躍した土方歳三の菩薩寺としてからの銅像や碑があることから新選組ファンの間では聖地とされ多くの観光客が訪れます。
そのほかには付近には多摩動物公園があります。この動物園は東京都内でも有数の動物園で年間約100万人近くの人が訪れる動物園です。近隣の自然豊かな地形や山々を利用した自然と同化したような動物園で園内はアジア園・アフリカ園・オーストラリア園・昆虫園と4つに分かれており、それぞれの魅力を味わうことができます。
このように自然と近代化、歴史が両立し発展してきた街といえ魅力的な街といえます。

 

そのため、高幡不動に土地を持っているならば、しっかりと相続税の対策を練ることが大事になります。
相続税対策としては、小規模宅地の特定があります。
被相続人が居住している土地や貸付事業に使用している土地、事業に使用している土地については相続税の評価額を減額することができます。
限度面積の拡充で特定居住用宅地などであれば、240平方メートルから330平方メートルになり80%減額にすることができます。
また、特定居住用宅地地と特定事業用宅地はそれぞれ独立して限度面積を計算できるようになりました。
このようにして面積を減額して節税対策を行うことができます。

 

高幡不動尊金剛寺

 


TOPへ