日野の相続

日野

wikipedia掲載画像

 

東京都の日野市の発展について紹介していきます。
日野市の土地購入の平均価格は地価の数字と県庁による調査に基づいてみると平成27年で20万7081円/m2となっています。
日野市はJR中央線や京王線などが走っており、そのような駅の周辺になるほど利便性があるため、土地の価格は上昇している傾向になります。
また、日野市は元々農業を中心にして栄えてきた地域ですが、昭和初期に日野五社と言われる、ユニカミノルタ、日野自動車、富士電機、オリエント時計、神鋼電機を中心にして企業の進出が相次ぎ、状況も大きく変わりました。
今では、先端技術産業の工場や研究所などがが多く工業的な発展を遂げてきています。
それに伴い住宅都市としてのポジションを確立しており、市施工時には5万人程度しかない人口がかなりの数に増加しています。
元々あった農業も盛んに行われており、環境負荷の低減の努力をして可燃ゴミ量を約92%減量するなどの成果もあげています。
続いて時価総額です。
東京都の日野市の地価は年々上昇しています。
2018年では日野駅周辺の平均坪単価は70.9万円で、前年比から+1.50となっています。
日野駅周辺の土地価格は日本全国の駅周辺の地価ランキングで、5122もある駅の中で933位となっています。
また、日野市の地価ランキングは全国で65位というランクになっており上位となっています。
そのため、相続税も上昇している傾向になります。
土地評価額が上昇すれば公共性が求められる税金の相続税にも影響してくるからです。
そのため、日野市に土地を持っているならば、しっかりと相続税の対策を練ることが大事になります。
相続税対策としては、小規模宅地の特定があります。
被相続人が居住している土地や貸付事業に使用している土地、事業に使用している土地については相続税の評価額を減額することができます。
限度面積の拡充で特定居住用宅地などであれば、240平方メートルから330平方メートルになり80%減額にすることができます。
また、特定居住用宅地地と特定事業用宅地はそれぞれ独立して限度面積を計算できるようになりました。
このようにして面積を減額して節税対策を行うことができます。

 

日野市役所
日野税務署

 

 


TOPへ