国分寺の相続

国分寺

wikipedia掲載画像

 

国分寺は東京都の中央部に位置しており、約11?の面積に12万人弱の人が住んでいます。
市内にはJR中央本線や武蔵野線、南武線、西武国分寺線などが走っています。
面積はコンパクトでも大部分が平坦な土地となっており、これを活かした住宅都市として成長してきました。
奈良時代に聖武天皇が国分寺県立の詔を出して日本各地に国分寺が建立されていき、国分寺という地名につながって来ています。
明治時代には鉄道が開通され、甲武鉄道と川越鉄道という2つの路線の分岐点として、国分寺市が選ばれました。
大正時代には別荘地として整備され、昭和には住宅土地として発展していきました。
今は都心のベッドタウンという性質になっており、中心的な産業は小売業やサービス業、農業でもぶどうやブルーベリーが名産となっています。
6月から9月にはブルーベリーの摘み取り体験ができる農園もあるため、市が取り組んでいる独自の取り組みにまちづくり条例があります。
市内に残る国分寺の緑地を保全していくためのものであり、開発する際には住民と事業者で調整を行った上で市を含めて協議する仕組みになっています。
市や市民が自主的に行う環境保全に向けた取り組みも行なっており、このような点から市としても住みやすく団結しやすいまちづくりになっています。
交通の便もとてもよくなくなっており、利用しやすい路線もたくさんあるため、多くの人に住みたいと思われる市になっています。
ただ、国分寺は商業的な中心地となっていますが、駅前に個性がないことや回遊性に乏しいこと、住宅によって既存商店街が分断していることなども課題となっています。
そのため、それらを改善するプロジェクトも行われており、経済効果の発展のための取り組みがなされています。
このような発展のため、国分寺の時価総額も路線に近い土地は地価が上昇してきています。
国分寺の土地の平均価格は、平成27年で見てみると坪単価で124万1942円となります。
全国平均は49万5796円となっているので、2倍以上の地価の高いエリアとなっています。
地価をエリア別にすると、最も高い時価は西国分寺エリアで坪単価で98万2920円となっています。
2006年から2015年では2013年から地価が上昇してきており、2015年の地価を対前年比で見ると約1.41%の上昇が見られます。
2013年から土地の地価は上昇してきているので、将来の相続税も負担が大きくなることを意味しています。
相続税対策として現金を土地に変える人も多くいますが、地価が上昇すればその相続税対策も難しくなります。
自宅として相続させることを考えているならば、納税資金対策をしなければならなくなります。
更地のまま放置しているならば相続税評価額は宅地の数倍にも跳ね上がります。
地価が上昇しているうちに処分する、または建物を建てるなどの相続税対策をしておかなければ、相続税が上昇していくだけになってしまいます。

 

国分寺市役所

 


TOPへ