国立の相続

国立

wikipedia掲載画像

 

東京のベットタウンとして、今も昔も人気がある国立。有名な大学がいくつもあり、クラシックで落ち着いた街として定着しています。国立のメインストリートでは近年再開発が進められているまっただなか。春になると沿道には満開の桜並木がつづき、冬になると木々たちはいくつものネオンカラーで色づきます。

 

◇「住みたい街」=地価の上昇のサイン

 

大手不動産会社のポータルサイトを見てみると、軒並み国立の人気がとても高いことに驚きます。都心へのアクセスも良く、かといって渋谷や池袋のような乱雑さが無いのが国立の良いところ。街の中には新旧の絵画に触れることができるアートギャラリーやイベントスペースがあり、散歩の途中で美しい絵やオブジェを見ることができます。サイフォンで丁寧に淹れてくれる上質なコーヒーの店もあり、関東とは思えないラグジュアリーな時間を過ごすことができます。

 

ほどよく品がありエレガントな空気がただよう人気の国立は、30代や40代の子育て世帯にとても人気のあるエリアです。ちなみに住んでみたい憧れのエリアは、地価が今後も上がる可能性のある場所。いまは安い相続税が、今後は軒並み上がっていく可能性を秘めています。「大丈夫なのだろうか?」ときたる相続税を気にしている方は、早め早めに手をうっておくことも大切です。

 

◇相続税対策は、早め早めがスマート

 

人気の街・国立は全国の中でも、地価の上昇が目覚ましいスポット。何もしないまま時が過ぎてしまうと「どうすればいいのだろう」と困ってしまうこともあります。

 

人気の土地を持て余し困っているのであれば、まずはプロの意見を聞いてみることも大切です。相続税対策は気になったときにスピーディに動くことによって、ベストな道を選択することができます。時間とお金にゆとりのある今から手を付けておくことで、後世に負の遺産を残さずにすむこともできます。

 

「やっておいてよかった」と思う日が、きっと訪れてくれますよ。

 

国立市役所
立川都税事務所 国立市の所轄都税事務所
立川税務署 国立市の所轄税務署
立川聖苑 国立市の一部事務組合

 

国立市の谷保駅前にある谷保天満宮は関東三大天満宮の一つです。
祀られている菅原道真公は学問の神様です。
国立駅前が文教都市として開発されるにあたって誘致されたのかと思いきや、ずっと昔から所在していたようです。
由緒正しい谷保天満宮にすぐ近くから見守られていれば、文教都市国立市も安泰です。
つまり、地価も上昇している地域なので相続対策も忘れずに。

 

私たちも節分祭の豆まきに参拝しました。
荒鷲関、大江裕さん、林こずえさん、林家たけ平さんらの芸能人も参加する豪華な顔ぶれ。
夜6時開始と思い急いで駆け込んだものの、6時30分ごろの開始となり4歳の子供を抱っこしながら待ち構えていたので腕がつりそうになりながらもなんとか飛んできたミカンをキャッチ。
豆まきはビニール袋を忘れずに。

 

国立市谷保天満宮

 

国立市谷保天満宮節分

 

国立市谷保天満宮節分2

 


TOPへ